採用情報社員の声>生産技術部 塗装グループ 原田邦宏さん

 私の所属する生産技術部では、図面をもとにして量産前の工程設計や設備導入、そして量産開始後の問題解決や、品質・出来高向上などを担っています。製造メーカーにとっては必要不可欠な部署です。
  そのなかで私は主に、主力商品であるセンターピラーやアウトサイドハンドルの樹脂成形工程の生産準備を担当しています。生産準備とは、新規に受注した製品の図面から、作りやすい製品形状の検討、生産に必要な設備や金型手配、さらに設備の良品条件の、製造部門へ展開するということが主な業務となります。
  実際に生産する製造部へ「いかに生産しやすいラインを構築・提供するか」が難しさであり、また、やりがいでもあります。

 私の部署では、各担当者ごとに、新規技術開発テーマをもって取り組んでいるんですが、数年前、私は「樹脂成形について」のテーマに携わることになりました。
  開発に当たって10数回のトライ&エラーを繰り返し、辛抱強くやった結果、最適条件の見極めが出来、技術的知見を得ることができました。成し遂げることができたのは「やってやる!」といった自分の姿勢に加えて、上司や同僚、他部署の方々等の支えがあってこそここまでたどり着けたと思うんです。最終的に形として成形品ができたときには、言いようのない喜びを得ることができました!

 近い目標として、今取り組んでいる開発テーマを完了させて、商品化して世の中に送り出せればいいな、と思っています!自分たちが苦労していろんなアイデアを注ぎ込んだものが商品化されるのは、何とも言えない達成感がありますから。
  また、当部署にはこんな上司がいます。自社の成形技術者の第一人者として、他部署の人からも頼られる存在となっているんですが、いつかは私も上司のように「樹脂のことはコイツに任せておけば大丈夫!」と、まわりから認めてもらえるエンジニアになりたいです!
  自分が携わっている工程以外にも目を向けるようにして、広い視野で物事を見ることができればさらにレベルの高い仕事ができるんじゃないか、と思っています。